NHKが24時間テレビをぶっ壊す⁉生放送のバリバラがまた攻めた内容を放送!「車いすだとデリ〇ル断られる」 - ページ 3 / 3 - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

NHKが24時間テレビをぶっ壊す⁉生放送のバリバラがまた攻めた内容を放送!「車いすだとデリ〇ル断られる」

トレンド
スポンサーリンク

Twitterでの反応

 

まとめ

この24時間テレビの裏で放送されてきたバリバラでは、24時間テレビを批判してるように捉えれる内容があったりします。

しかし、実際は批判だけがしたいわけではないようです。

『バリバラ』は『24時間テレビ』に対してリスペクトの気持ちを表し続けている。『バリバラ』がこのような企画を放送するのは、敢えてプロレス的な対立構造をつくることで、より多くの視聴者に対して障がい者に関するトピックを考える機会を生み出そうとしているからだ。

2016年の放送では、番組司会者の山本シュウ氏が一貫して「きょうは障害者がもっとも注目されるお祭り」「We are親戚」と『24時間テレビ』に対する敬意を示し続けており、また、「『24時間テレビ』からオファーがあったら出演するか?」との質問に、出演者全員が手を挙げるという一幕もあった。

NHK大阪放送局の角英夫局長は放送後に開かれた局長定例会見のなかで「ネットなどで反響があったと認識している。普段、福祉番組に関心がなかった方にも関心を持っていただけたのではないか」と述べ、企画のねらいに関しても「このテーマに関心を持っていただくための演出上の工夫」と述べている。

引用先:https://wezz-y.com/archives/68787/3

あくまで障がい者のこと、福祉のことに興味や関心をもってもらうための番組作りをされているようです。

実際、この24時間テレビの裏でこういう攻めた内容を放送しているのでTwitterのトレンドにあがるなど注目を集めていますが、通常放送のバリバラでトレンド入りするぐらい注目されてることがないのではないでしょうか。

この放送がきっかけで、通常の放送も見て”知る”ということが大切なのかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました