【衝撃】台風の影響で断水が続いている神奈川県で水が捨てられていた⁉「マニュアルが…」県の言い訳に絶句する… - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

【衝撃】台風の影響で断水が続いている神奈川県で水が捨てられていた⁉「マニュアルが…」県の言い訳に絶句する…

報道
スポンサーリンク
スポンサーリンク

台風の影響で断水している中・・・

2019年10月12日に関東に上陸して各地で甚大な被害をもたらした台風19号。

 

各地で様々な被害が出ています。

その中で、断水が発生してしまった1つの地域である神奈川県山北町

そこでとんでもないことが起きてしまっていたようです。

 

断水が起きた山北町は、約20キロ離れた駒門駐屯地(静岡県御殿場市)の陸上自衛隊に「翌日(13日)、給水車を要請するかもしれない」と連絡し対処しようと動いていました。

すると13日の早朝4時に、自衛隊から「県知事から防衛相に自衛隊の派遣要請をする必要があります。町は県に依頼してほしい。自衛隊としては、給水車3台を午前6時に出発させます」との連絡が。

 

自衛隊からそのような連絡があったため、町の防災課が県に依頼。

すると、なんとマニュアルを盾に難色を示したそうなのです。

県のマニュアルによれば、自衛隊の派遣要請はどうしようもなくなった時の最終手段だが、山北町の状況は該当しないと言ってきたそうです。

給水車3台は午前7時少し前に町に到着。

それからも県と町で押し問答が続きましたが、県は最後まで首をタテに振らず、なんと到着していた給水車3台の貴重な水は捨てられたそうです。

結局、県が別途手配した給水車は 朝に到着していた3台よりも1台少ない2台。

到着も13日の午後と遅れてきました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました