知事室で働いていた神奈川県職員がパワハラで自殺。黒岩知事の遺族に対しての行動がサイコパスすぎる…。 - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

知事室で働いていた神奈川県職員がパワハラで自殺。黒岩知事の遺族に対しての行動がサイコパスすぎる…。

報道
スポンサーリンク
スポンサーリンク

神奈川県職員がパワハラで自殺

3年前、神奈川県の財政課に所属していた男性職員(当時37)が 過労死ラインとされる月80時間を超える長時間労働とパワハラにより うつ病を発症し、県庁近くの施設のトイレで自殺してしまいました。

今年の4月に、地方公務員災害補償基金が長時間労働が原因の過労自殺にあたるとして、民間企業の労災に相当する「公務災害」と認定されました。

自殺してしまった男性職員は、以前勤務した「知事室」という部署でも上司から怒鳴られたり、「とにかくやれ」というあいまいな指示を受けたりというパワハラをうけたようです。

 

代理人弁護士とともに県庁で会見した70代の母親は「その後も県庁の労働環境は改善しておらず、県から謝罪や反省は見られない」などと批判。

11月13日には、県に対して1億円余りの賠償を求める訴えを、横浜地方裁判所に起こしました。

 

黒岩知事は「元職員がみずから命を絶たれたことは、大変残念で、改めて心よりお悔やみ申し上げます」「訴状が届いていないので詳細を確認し対応したい」とコメントされてようですが、遺族に対しての行動があまりに酷いと言われています。

 

一体どんな対応をしたのでしょうか・・・。

 

スポンサーリンク

黒岩知事の対応がサイコパスすぎる⁉

自殺した男性職員の遺族に対しての、黒岩知事の行動が酷いと言われています。

 

その行動がコチラです。☟

 

遺族の方と直接お会いし 謝罪をするなら分かりますが、このように並んで写真を撮る必要性はあるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました