病気で亡くなった母親の遺体を研究に使ってもらおうとした結果。バラバラに砕かれた無残な最期に涙が止まらない…。 - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

病気で亡くなった母親の遺体を研究に使ってもらおうとした結果。バラバラに砕かれた無残な最期に涙が止まらない…。

報道
スポンサーリンク
スポンサーリンク

生前の意向で献体を選んだものの・・・

2014年にお亡くなりになった、米アリゾナ州在住のドリス・シュタウファーさん(72)。

ドリス・シュタウファーさんはアルツハイマーを患っていました。

 

アルツハイマー病とは?                            アルツハイマー病は、不可逆的な進行性の脳疾患で、記憶や思考能力がゆっくりと障害され、最終的には日常生活の最も単純な作業を行う能力さえも失われる病気です。ほとんどのアルツハイマー病の患者では、60歳以降に初めて症状が現れます。アルツハイマー病は、高齢者における認知症の最も一般的な原因です。             人によっては、治療によりアルツハイマー病の症状の悪化を抑えることができる場合もありますが、現在のところ、この深刻な疾患に対する治療法はありません。                                       引用先:http://adinfo.tri-kobe.org/worldwide-alzheimers-information/alzheimers-basics.html

アルツハイマー病の症状を抑えれる場合はあっても、治療方法はまだ無いようです。

そんな難病であるアルツハイマー。

彼女は自身が少しでも研究の役に立てればと思ったのでしょう。彼女の生前の意向によって「神経学の研究グループに脳を提供し、アルツハイマー病の研究に活かす」という名目でBRC社に献体されることとなりました。

その後どうなるかも知らず・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました