認知症だった父親が亡くなった後、記録残すための日記が見つかる。その日記の最後のまさかの言葉に涙が止まらない…… - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

認知症だった父親が亡くなった後、記録残すための日記が見つかる。その日記の最後のまさかの言葉に涙が止まらない……

Twitterで話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク

認知症の父親が遺したノートとは

 

認知症とは・・・脳細胞の死滅や活動の低下によって認知機能に障害が起き、日常生活・社会生活が困難になる状態の総称。認知症=物忘れとイメージする方も多いと思いますが、記憶の消失だけでなく理解力や判断力にも大きく影響します。(引用先:https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/)

 

認知症の方の介護も大変でしょうし、認知症になった本人もきっと大変だと思います。

 

今、とあるツイートが話題になっています。

そのツイートされた方のお父様が認知症だったそうです。

そのお父様が奥さんに怒られながら書いた記録を残すノート。

 

その内容がコチラです。☟

 

 

どんどん書く文章も、文字も書きづらくなっていたことが伝わってくるような内容なのに、そんななか最後には迷惑かけてしまったことを謝っています。

ずっと申し訳ないという気持ちがありながら過ごしていたのでしょうね・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました