カープの緒方監督が選手に暴力行為をして厳重注意に。吉本と同じように圧力をかけていた件www - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

カープの緒方監督が選手に暴力行為をして厳重注意に。吉本と同じように圧力をかけていた件www

未分類
スポンサーリンク

広島東洋カープの監督である緒方孝市監督。☟

 

球団初のリーグ3連覇を成し遂げた監督です。

 

その広島東洋カープをまた優勝に導けるか注目されているところですが、そんな中緒方監督のとある行動が問題となりました。

 

スポンサーリンク

とある理由で選手を平手打ち

問題となったのは6月30日に行われた 対DeNA戦でのこと。

野間峻祥外野手が全力疾走を怠ったという理由で、試合後に監督室で指導する中 平手打ちをしてしまったというのです。

 

野間峻祥 外野手

今は打率は落ちているようですが、走塁には定評のある選手

 

その問題となった走塁がコチラ☟

 

この走塁を見ると、確かに最初アウトになると思ったのかしっかり走ってはいない。

怠慢だと思われても仕方ないかもしれない。

ここまでは野間選手のやる気の無さが酷いだけだが、緒方監督はこのプレーに怒り説教してるなかで平手打ちしたというのです。

 

スポンサーリンク

何がそこまで問題となっているのか

説教中に、もし反省してないような態度されてカッとなって平手打ちした可能性だってある。

しかし、緒方監督は複数回もたたいたというのです。

野間選手は以前もホームベースを踏み忘れるという怠慢と思われるプレーをしていました。

そのこともあったにせよ、指導するにしてはやりすぎではないだろうか。

 

週刊新潮が出している記事によると、球団関係者が6回ほど叩いていたと証言したそうです。

しかも掌の手首に近い部分で叩く掌底(しょうてい)打ちで叩いていたと。

 

野間選手は被害届を出そうとしたそうですが、ベテランの長野選手の説得があり止めたのだとか…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました