【大阪女児誘拐】誘拐され無事保護された小学6年の女児。犯人ではなく誘拐された女児が責められる事態に… - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

【大阪女児誘拐】誘拐され無事保護された小学6年の女児。犯人ではなく誘拐された女児が責められる事態に…

報道
スポンサーリンク
スポンサーリンク

誘拐された女児を無事保護

2019年11月17日から行方不明になっていた大阪の小学6年の女児(12)が11月23日に栃木県で発見され保護されました。

 

行方不明になっていた女児は、17日の午前7時頃に自宅で母親と朝食をとった後、1人で自宅を出てから行方不明になっていました。

 

23日に栃木県小山市の犬塚交番で保護されました。その時に女児が「別の女の子が男に監禁されている」と話したため、栃木県警が捜査した結果、別の女の子(15)も発見されたため無事保護され、誘拐した男の身柄が確保されました。

 

行方不明になっていると報道されていた小学6年の女児だけではなく、もう1人女の子が誘拐されていたことも発覚するという衝撃的なニュース。

 

明らかに誘拐して監禁していた犯人の男性がおかしく批判あびることになるかと思いきや、誘拐された女児の方にも批判の声があるようです。

一体何故なのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

誘拐された側の女児に批判の声⁉

未成年者誘拐容疑で逮捕されたのは 大阪市犬塚の職業不詳、伊藤仁士容疑者(35)。

 

大阪府警によると、伊藤仁士容疑者はSNSを使用し、11月10日頃にメッセージ機能で「(別の女の子の)しゃべり相手になってほしい」などと女児に送り 住吉区内の公園に誘い出していたようです。

 

小学生の子供がSNSを使用し、犯人の男とメッセージでやり取りし会っていたことが明らかになったのです。

そのことで、女児に対しても批判の声があがっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました