【胸糞】売れ残った犬猫はどうなるのか。ペットショップの闇、残酷な現実にあなたは目をそむけたくなる……。 - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

【胸糞】売れ残った犬猫はどうなるのか。ペットショップの闇、残酷な現実にあなたは目をそむけたくなる……。

報道
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペットショップの実態とは…

皆さんはペットショップに行かれることはありますか?

ペットショップに行き動物と触れ合うだけではなく、実際にお店に行きペットを購入された方も多いのではないでしょうか?

 

可愛らしい犬や猫がいて癒されますよね。

しかし、そのペットショップの実態は大変恐ろしいものだったようです。

 

一体 ショーケースの中にいてお店で飼われている状態の犬や猫は、どういう流れでお店で販売されるのかご存知でしょうか。

公益社団法人「日本動物福祉協会」の町屋奈氏によれば「日本の場合は ペットオークションを介して繁殖業者から犬猫を仕入れるのが主流です」ということだそうです。

その中で問題視されているのは繁殖業者(ブリーダー)。

需要に合わせながらも、動物のことも気遣いづつ、愛情込めて育てて繁殖させていくのが本来の方法。

しかし、”闇”と言われている業者の方は、動物たちのことは考えず 利益を最大優先。

そのため、親猫や親犬は大量繁殖するようになり、“産む道具”のように扱う業者がいるようです。

種類を区別せず、狭い小屋に閉じ込めて、体を洗ってあげたりというお世話もせず、皮膚病や白内障など病気になっても放置している業者がいるのだとか。

繁殖を強いられた親犬や親猫が子供産めなくなると捨てる人がいるそうです。

 

子犬や子猫は離乳時期に引き離されオークションに。

子犬や子猫はコミュニケーションを学ぶ機会を失い、後に問題行動に繫がることになります。

しかも、早期に母親から離れた動物は、伝染性疾患にも罹りやすくなり 下痢もしやすくなるのだとか…。

 

オークションがあるため、無秩序な繁殖業者が増えていっているようです。

とりあえずオークションに出せば、ショップが大量に買ってくれる。

需要などは考えず、無計画でも大量繁殖さえできればお金になる。

オークションのそうしたメリットにより、無秩序な繁殖業者が減らないそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました