戦時中に犠牲になったのは人間だけではなく動物もだった…。毛皮が欲しいだけで⁉あまりにも残酷な実話に涙が止まらない…。 - ページ 2 / 2 - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

戦時中に犠牲になったのは人間だけではなく動物もだった…。毛皮が欲しいだけで⁉あまりにも残酷な実話に涙が止まらない…。

未分類
スポンサーリンク

戦争中の恐ろしい考え方

実際、物が少なくて毛皮も無くて困っていたのかもしれません。

この話に出てくるタマという猫も、毛皮をとるために殺されたのかもしれません。

 

それでも辛い話なのに、もっと恐ろしい理由だった可能性もあるようです。☟

 

 

実際は毛皮が目的ではなく、どれだけ国に対して忠誠心があるのかを調べるためでもあり、覚悟をさせるためのものでもあったようです。

 

どれだけ戦争中が異常な状態だったかが分かります。

 

こんな忠誠心を試すために大事なものを奪われるなんて。こんなことで動物が殺されなくてはいけなかっただなんて。

いかに戦争が恐ろしいものかが分かるエピソードの1つですね。

 

ネットでの反応

 

まとめ

国が勝手に始めた戦争に巻き込まれ、洗脳されるような感じで 国に対して忠誠心を持って生活しなくてはいけなくなり、戦争によって大事な人,動物が亡くなった。

遠い昔のことのようですが、それがたった74年前に起きてたこと。

そう考えると、いま”普通”に暮らせていることがどれだけ恵まれてることかと考えさせられますね。

これからも戦争なんて起こらない状態が続いてほしいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました