【衝撃】東京オリンピックで使う東京湾はう〇こ水⁉こんな水質で選手を泳がせるのか…⁉ - 噂のTwitter&ニュースまとめ。
スポンサーリンク

【衝撃】東京オリンピックで使う東京湾はう〇こ水⁉こんな水質で選手を泳がせるのか…⁉

報道
スポンサーリンク

オリンピックの競技が行われる東京湾だが・・・

東京オリンピック・パラリンピックの 水泳(マラソンスイミング)&トライアスロンの競技場所となるお台場海浜公園(東京都港区)周辺。

会場の水は東京湾の水なのですが、その東京湾の水質がとんでもないことになってるようです。

 

なんと、調査期間の半分以上の日で、国際競技団体(IF)の基準を上回る大腸菌などが検出されたことが明らかになりました。

 

その大腸菌は基準値の約20倍の値がでたそうです。

 

8月11日に行われた、東京オリンピックに向けた水泳のオープンウォータースイミングのテストイベントでは、選手から「トイレ(アンモニア臭)のにおいがする」などのコメントがありました。

 

会場となるお台場海浜公園は東京湾の入り江にあり、閉鎖性の強い水域で 汚染物質がとどまりやすい所だそうです。

生活排水、工業排水、雨水を1本の下水管に合流させ、下水処理施設で浄化した後、河川に流す方法である合流式という仕組みが関係しているようです。

豪雨により一度に大量の雨水が下水管に入った場合、下水処理施設の処理能力を超えることがあり、汚水が処理されないまま川へ流れます。

生活排水なのでトイレの水も含まれてしまい、こうした川の水が東京湾へと流れ込んでしまいます。

 

生活排水が流れてきて、トイレの水が混ざってる状態の水。

汚くてとても競技に集中できるような会場ではなく、病気になってしまう選手が出てもおかしくないでしょう。

一体、この状況をどう改善していくのでしょうか・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました